明け渡し時は現状復帰をしっかりしておこう

作業者

貸借人が考えたい

工具

賃貸物件の自然な経年劣化は、貸借人が修繕しなくても良いポイントです。立ち退く際は注意しましょう。現状回復義務の中に含まれるのはタバコのヤニ汚れです。退去時に壁を張り替えずに済むように、できるだけベランダで喫煙しましょう。

退室時のトラブルを防止

空き部屋

転勤や海外赴任で家を空ける場合、第三者に部屋を貸し出す方法があります。家賃収入をローンの支払いに回すことができます。個人で貸し出すよりも不動産会社に委託した方が便利です。例えば入居者が退室する時の原状復帰についてのトラブルを防止できます。故意に破損した箇所などを入居者負担で元に戻してくれます。

契約内容の確認が重要

ヘルメット

原状回復は賃貸契約書や重要事項説明書を確認してから行うと何をすれば良いかが明確になることがあります。明確な基準があるわけではないため、必要以上に行って印象を良くすると義務が果たされていると認識してもらいやすいのも特徴です。

賃貸物件の補修をしよう

空室

賃貸契約を終了して物件から退去する際、賃借人は借りた当時の状態を回復させる義務を負います。このことは現状復帰の義務と言い、詳細は賃貸契約時の書類にまとめられています。現状復帰が義務付けられているのは、退去後に速やかに次の賃借人に物件を明け渡すためです。また、契約時に現状復帰の契約を行うことで賃借人に対して常識の範囲を超えた無理のある使い方をしないように警告する効果も得られます。現状復帰に含まれる内容は賃貸人の裁量となりますが、自然に発生する経年劣化による傷みについては現状復帰の範囲に含まれません。経年劣化とは言えないほど著しく劣化したり損傷した部分の補修費については、賃借人に支払い義務が生じます。

現状復帰の工事で行われるのは、主に壁や床の補修です。壁については、画鋲による傷や煙草のヤニによる黄ばみなどが対象となります。いずれの場合も壁紙の張り替えが行われます。床については、水濡れによるシミや衝撃による傷などが対象となります。軽度の場合はワックスで磨くだけで済みますが、それ以上の場合は全面張り替えとなります。その他、賃借人の管理不足によって引き起こされる著しい汚れも現状復帰の対象に含まれます。具体例としては、キッチンの頑固な油汚れやバスルームに染み付いたカビ汚れなどです。その他、庭付きの物件の場合には庭に繁茂した雑草の処理などがあります。ペットを飼っている場合には、それによって引き起こされる破損や清掃も考慮しておく必要があります。