明け渡し時は現状復帰をしっかりしておこう

作業員

退室時のトラブルを防止

空き部屋

サブリースを利用する利点

転勤や海外赴任などで部屋を空ける時や家を留守にする場合、不動産会社に仲介してもらって賃貸として貸し出す方法があります。一般的に、サブリースと言われている方法です。この方法の良い点は、家のローンなどを払っている場合に家賃収入をローンに回せることです。また空室や空き家にしておくと建物が劣化しやすくなります。賃貸で貸し出すことによってそれを防ぐことができます。個人的に知り合いに貸すこともできますが、その場合に問題になるのが原状復帰です。もし部屋が破損していたり汚れていた場合は借り主に原状復帰してもらう必要がありますが、トラブルになりやすいのです。不動産会社に委託すれば、原状復帰についても全てやってくれるので安心して貸し出すことができます。

故意の破損は入居者の責任

原状復帰で多いトラブルが、故意にやった破損や汚れかどうかの判断です。国の指針では自然に劣化した場合は原状復帰する必要がないと定めています。それ以外の場合は借り主が原状復帰の工事をして部屋を明け渡すことになっているのです。個人の間で原状復帰に関する交渉をすると、故意か自然の劣化かで揉めることがあります。それを防ぐためにもサブリースを専門に扱っている不動産会社に委託した方がいいのです。専門の会社なら、こういった起こりうるトラブルも回避してくれますし、代わりに面倒なことも行ってくれるので非常に助けになります。原状復帰など不動産関係のサービスは、利用できるものは利用したほうが良いでしょう。