明け渡し時は現状復帰をしっかりしておこう

作業員

契約内容の確認が重要

ヘルメット

賃貸契約の確認

賃貸物件を借りた場合に必ず行わなければならないのが原状回復です。基本的なコンセプトとして借りた時点の物件の状態に直してから退居する義務があるというものですが、その詳細については賃貸契約や重要事項説明書に記載されていることが多いので確認を忘れないようにしましょう。具体的に何が入居者の責任になり、何がオーナーによる修繕を行うものになるかということが記載されていることがよくあります。ただきれいにすれば原状回復は達成されると考えるのではなく、賃貸契約書などの書類に記載されている内容に合致するように実施することが大切です。詳細に記載されているときほどやるべきことが明確になって退去時に対処を行いやすくなります。

必要以上に行う重要性

ずっと住んできた賃貸物件を元通りにするというのはほぼ不可能です。実際には原状回復義務には経年劣化の分はオーナーが責任を負うべきであるという考え方が通用します。しかし、必要以上に行っておけば余計な費用負担が生じにくいだけでなく、オーナーからの印象も良くすることができるでしょう。原状回復が行われているかどうかに明確な基準があるわけではありません。印象を良くすることによって多少の不備があっても義務は果たされていると認識してもらえる可能性が高まります。オーナーが想定している以上にきれいな見た目になっているというだけで、細かな部分については目を瞑ってくれる可能性もあるのが原状回復の特徴であり、できる限りのことをするという姿勢が大切です。