明け渡し時は現状復帰をしっかりしておこう

作業員

貸借人が考えたい

工具

入居した時の工夫

賃貸住宅から立ち退く際に敷金を満額返金してほしい方は、貸借人の背負う現状回復義務について知っておきましょう。現状回復とは、賃貸物件を修繕して返却することです。しかし人間が生活を送る以上、どのような風に暮らしていても設備の経年劣化は防げません。壁の電気焼けや自然なヒビは貸借人が修繕しなくても良いポイントですから注意しましょう。住まいを立ち退く際に家主と揉めたくない方は、入居する際に自分が修繕すべき事柄についてきちんと契約を取り交わしておくと良いでしょう。また入居した当初から住まいに気になる経年劣化がある場合は、写真を残しておくことが大切です。それによって出て行く際に不当なお金を請求されずに済むのです。

鍵とタバコの義務

新しい住まいに入居した時、防犯上の安全性を考えて鍵を取り替える方がおられ間。こうした変化は経年劣化ではありませんが、命を守って生活する以上欠かせない処置です。付け替えてしまった鍵は貸借人が背負う現状回復義務の内には入りませんので、安心しましょう。逆に喫煙者が賃貸で暮らす時に注意したいのが、ヤニ汚れです。ヤニによって壁や天井が変色してしまった場合は現状回復義務の範囲に入りますので、支出が発生します。こうした問題を防ぎたい場合は、できるだけベランダで喫煙するようにしましょう。また退去時に室内をクリーニングしてもらうことでヤニが落ちることもあります。現状回復で壁を張り替える場合とクリーニング代の費用を比較してみましょう、